StellaVisor 主要機能とシステム要件

今夏リリース予定の StellaVisor 1.0 の仕様機能とシステム要件です。

 

主要機能

サーバ情報管理機能 エージェントソフト (StellaVisor Agent) により各種の最新情報を定期収集し、Web 画面でグラフィカルに参照することができます。(OS 情報・プロセッサ情報・メモリ情報・ディスクドライブ情報・BIOS 情報など)
死活監視機能 StellaVisor Agent の応答有無による死活監視を行うことができます。(※Ping 監視ではありません)
メール通知機能 しきい値判定によるメール通知を行うことができます。(判定条件は CPU・メモリ使用率、ディスクドライブ空き容量など)
ユーザ管理 ログインユーザの複数登録とユーザごとの権限設定(管理者ユーザと一般(参照のみ)ユーザ)を行うことができます。
 

システム要件

[ 管理サーバ ]

名称 StellaVisor 1.0
対応OS Microsoft Windows Server(TM) 2008
Microsoft Windows Server(TM) 2003
Windows Vista(TM)
Microsoft Windows(R) XP Professional

※各 OS とも x86 (32 ビット) / x64 (64 ビット) のどちらの環境でも稼働可能です。(ただし、StellaVisor は 32 ビット版の Java VM のみサポートします。)
必須ソフトウェア Sun Java Runtime Environment 6 (1.6.0)
ハードウェア要件
CPU Intel Pentium 3 1GHz 以上のプロセッサ
(または、相当の互換性のあるプロセッサ)
メモリ 512MB 以上
(StellaVisor の使用メモリは 256MB 程度)
HDD 50MB 以上(データは除く)
※上記は StellaVisor を動作させるために必要なシステムリソースです。Windows OS を動作させるために必要な要件は、各 Windows OS のドキュメント等をご参照ください。

[ 情報収集エージェント ]

名称 StellaVisor Agent 1.0
対応OS Microsoft Windows Server(TM) 2008
Microsoft Windows Server(TM) 2003
Windows Vista(TM)
Microsoft Windows(R) XP Professional / Home Edition
Microsoft Windows(R) 2000 Professional / Server

※各 OS とも x86 (32 ビット) / x64 (64 ビット) のどちらの環境でも稼働可能です。(ただし、StellaVisor Agent は 32 ビットアプリケーションのみです。)
ハードウェア要件
CPU Intel Pentium 3 1GHz 以上のプロセッサ
(または、相当の互換性のあるプロセッサ)
メモリ 256MB 以上
(StellaVisor Agent の使用メモリは 10MB 程度)
HDD 5MB
※上記は StellaVisor Agent を動作させるために必要なシステムリソースです。Windows OS を動作させるために必要な要件は、各 Windows OS のドキュメント等をご参照ください。

※上記の仕様は 2009年4月9日 時点のものとなります。仕様は今後変更される可能性があります。
※記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2017 Routrek Networks, Inc. All rights reserved.