SSH、SSL などのセキュリティホールへの対策について

OpenSSH は、以下のセキュリティホールの対策済みです。

 

(2002/03/01):Pine Internet Security Advisory
PINE-CERT-20020301: OpenSSH

 

これ以降も、OpenSSH には Security Advisory が出ていますが、RouteMagic CM では影響がない不具合のため対応を見送っています。OpenSSL は以下のセキュリティホールの対応済みです。

 

(2002/7/30): CERTR Advisory
CA-2002-23 Multiple Vulnerabilities In OpenSSL

 

なお、RouteMagic CM は上記システムプログラムも含めたソフトウェアのアップグレードが可能な仕様になっていますので、問題になるセキュリティホールが発見された場合にはソフトウェアバージョンアップで随時対処していただくことができます。