RM-CM200 の IP アドレス自動設定機能

RM-CM200 と RMC-MP200 は、ファンクションスイッチ操作によって IP アドレスの自動設定機能を実行することができます。

 

IP アドレス自動設定機能が実行された場合、RouteMagic CM はネットワークに流れる ARP (Address Resolution Protocol) パケットをまず監視します(この間、明示的にネットワーク内で ping などを実行すると、自動設定処理を早く行うことができます)。その後、得られた ARP パケットに含まれる情報を元に、ネットワーク内の使われていない IP アドレスを探索・設定します。なお、一定時間内に ARP パケットが取得できない場合は、192.168.0.x を設定します。