装置からコンソールメッセージが大量に出力された場合、RouteMagic CM はどこまで対応できますか?

RouteMagic CM は一般的なシリアルポートの最大スピード (115.2kbps) に対応しており、この速度で処理するための十分なバッファを内部に持っていますので、通常は処理が追いつかなくなることはありません。

 

ただし、一文字ずつ別のメールとして送信するなどの極端な設定をした状態で、大量のコンソールメッセージが継続して発生した場合は処理が滞る場合もあります。しかし、そのような場合でも RouteMagic CM の内部ログにその情報が記録されます。