SSH で RouteMagic CM にログインしようとすると、次のような警告が表示されました。

SSH ログイン使用とした場合、以下のような警告が出る場合があります。
(Linux 等の Unix 系 ssh コマンドの場合)

 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@       WARNING: HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!         @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that the RSA1 host key has just been changed.
The fingerprint for the RSA1 key sent by the remote host is
5e:2d:11:6c:db:63:1d:a1:06:b1:08:eb:b0:70:dc:9f.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in /home/xxx/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
:

 

初期状態の RouteMagic CM は、ssh の暗号化に使われるホストキーを起動の度に新規作成します。このため、上記の警告(ホストキーが変更された)が表示される場合があります。これを防ぐには、RouteMagic CM 上で write memory コマンドを実行し、ホストキーを含む設定内容を保存する必要があります。設定保存後は、RouteMagic CM を再起動した場合にも以前のホストキーが引き続き使用されます。

 

なお、RouteMagic CM の起動時などに送信される「Setup information」メール中には、ssh のホストキーおよびそのフィンガープリントの情報が含まれているので、ホストキーが改ざんされていないかどうかをチェックすることもできます。