COM ポート(シリアルポート)の接続確認は、どのようにすればよいですか?

show port comN コマンドの実行、RouteMagic CM 本体正面のファンクションスイッチ(RM-CM200)、もしくは LCD 操作パネル(RM-CM1200)を使用して comN ポートの制御信号状態を確認する機能が提供されています(「RouteMagic CM ユーザーズ・ガイド」の "ファンクションスイッチの機能"、または "LCD 操作パネルの使用方法" 参照)。

 

正常に接続されている場合の表示は以下のようになります。

 

「ターミナルや監視対象機器などが正常に接続されている場合」
 RTS, CTS, DTR, DSR が点灯 (RM-CM200 : LED の縦棒が全点灯)

 

「モデムや ISDN ターミナルアダプタが正常に接続されている場合」
 RTS, CTS, DTR が点灯 (RM-CM200 : LED の左側の縦棒と LED の右側の縦棒下半分が点灯)

 

表示が上記と異なる場合は、シリアル接続に電気的な問題があります。ケーブルのクロス/ストレートはあっているか、変換コネクタの種類は合っているかなどを確認してください。

 

RouteMagic CM の COM ポートピンアサインについては、「RouteMagic Console Manager ケーブル・コネクタ仕様」を参照してください。