RouteMagic Console Manager  製品概要

RouteMagic Console Manager の特長

コンソールリモート操作

  • 12台の機器のシリアルコンソールに接続可能
    (RM-CM400は4台)

 

コンソールログ記録

  • コンソールポート毎に800KB記録
    (RM-CM400は300KB)

 

証跡管理 

  • 操作履歴(いつ、誰が、どこに)と操作内容をコンソール、TELNET、SSH で最大24台記録
    (RM-CM400は最大8台)

 

稼動監視 

  • 機器の稼動監視の設定が可能

 

コマンド自動実行 

  • 機器に対して任意のコマンドの定期的な自動実行が可能

 

イベントトリガーと通知 

  • コンソール常時監視により、指定キーワードを含むログのメール通知

 

 

運用モデル

運用モデル
 

ブランチオフィースへの導入例

 

機能一覧(RM-CM 全モデル共通)

コンソールログの常時監視 装置のコンソールを常時監視し、コンソールに出力されたメッセージを電子メールで最大 16 ヶ所(RM-CM400 は 8 ヶ所)まで通知可能。キーワード・正規表現によるメッセージのフィルタリングも可能。
コンソールログの保存機能 装置のコンソールに出力されたメッセージのログを 1 ポートあたり 800 KB (RM-CM400 は 300 KB)まで記録可能。RM-CM 内部の不揮発性メモリに内容を保存しておき、後で表示することも可能。
遠隔コンソール機能 RM-CM にログインし、SSH (Secure SHell)、Telnet による遠隔操作が可能です。RM-CM のパスワード設定により、セキュリティも万全。
機器情報の収集 コンソールを経由した機器情報の収集。
(設定、ルーティングテーブル等)
コンソールポートの死活監視 独自のスクリプトでコマンドを自動発行して、コンソールポートを監視、機器の稼動確認が可能。
モデムによる遠隔制御機能 モデム経由での電子メール通知、遠隔ログイン機能を備え、LAN が使用不可能な時でも管理環境を保持。確実な情報伝達を保証。
SNMP エージェント機能 RM-CM 自身を SNMP マネージャソフトで監視することが可能。RM-CM 起動時にはトラップを送信。

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2017 Routrek Networks, Inc. All rights reserved.