WATCH BOOT mini (ウオッチブート ミニ)

WATCH BOOT mini

離れた場所から遠隔電源制御、PING による死活監視、それに連動した自動リブート。そしてスケジュール機能による無人化運転。イベント時のメール通報機能。システム機器をはじめとして、いろいろな機器の管理・制御に最適なソリューションです。

 

 

主な特徴

WEB 対応によりブラウザーで設定 & 制御

ネットワークを介して遠隔地から電源の制御や設定の変更ができます。WEB や TELNET からの制御に加えて、付属の制御ソフトにより暗号化通信も行えます。

 

フリーズした通信機器を様々な方法で電源リブート

WATCH BOOT mini は、LAN/WAN を利用して遠隔地から電源を制御できますからフリーズした装置を現地に行かずに電源をリブートできます。また、PING による死活監視を行い、異常時には自動的に電源リブートを行えます。さらに週単位で定期電源リブートも可能です。

 

ネットワーク稼動状態の監視

WATCH BOOT mini は、PING による死活監視の結果を定期的にセンターに送信できます。送信情報には、PING への応答確率に加えて電源のリブート回数、電源状態などが含まれます。センターは、各 WATCH BOOT mini から送られる情報によりネットワーク全体の稼動状況を把握することができます。

 

死活監視による自動リブート

アウトレット毎に、最大 4 個所の IP アドレスに対して死活監視を行います。PING への未応答が閾値を超えると異常と判断し、電源制御や異常通知(E-mail)を行います。

 

温度センサーによる電源制御

温度センサ(オプション:RP-TS002 定価 7,210 円 税込)を取付けることにより、監視した温度によって電源を ON、OFF させることができます。ファンやヒーターの自動制御にご利用いただけます。

 

通信中継機能

TELNET または暗号化通信で接続した後、本機を中継して COM に接続された機器とシリアル通信を行ったり、TELNET サーバーに接続したりすることができます。

 

スケジュールによる電源制御

NTP を利用して時間による電源制御ができます。毎日、あるいは毎週決まった曜日の、決まった時間に電源を制御できますので、スケジュール運転や定期リブートが可能です。
※NTPが利用できる環境が必要です。

 

メール機能

E-mail を利用して、電源の制御や状態の取得を行えます。 WATCH BOOT mini 側が、固定 IP アドレスを持たなくても、メールサーバーを介して制御することが可能になります。

 

 

WATCH BOOT mini 仕様

品名 WATCHBOOT mini(ウオッチ・ブートミニ)
型式 RPC-M4H
通信部 インタフェース 100Base-TX、10Base-T x 1、RS-232C (D-sub9) x 1
温度センサー端子 (RJ45) x 1
プロトコル TCP/IP、NTP、PING、TELNET
コマンド 電源制御状態取得/ON/OFF/RESET
アウトレット指定、システム設定
電源部 表示 LED 7 個、本体電源表示 x 1、アウトレット出力 x 4、LAN 状態 x 2
アウトレット数 4 個 4 系統 (2 極平行接地型)
最大制御容量 1500W
消費電力 約 5 W (MAX 時)
仕様電源 AC100 ± 10% (50/60Hz)
重量 約 1.8 Kg
外形寸法 W220 x D170 x H45 (mm)
使用環境 温度/湿度 温度 5 ~ 40℃ 湿度 20 ~ 85% (ただし結露無きこと)
安全基準 特定電気用品認証品(電気用品安全法)
付属品 制御ソフト TCP 暗号通信搭載制御ソフト for Windows (XP/2000)
ケーブル RS-232C クロスケーブル (D-SUB9PIN) 1 本
その他 取扱説明書、保証書、3P/2P 電源変換コネクタ

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2017 Routrek Networks, Inc. All rights reserved.