無線利用のリモート稼働監視ワイヤレスM2M

ワイヤレスM2Mとは?導入事例

L-BirdH-BirdMRF24WB0MA/MB

組込み Wi-Fi デバイス 「MRF24WB0MA/MB」

MRF24WB0MA/MBとは

MRF24WB0MA/MB

M2Mアプリケーションでの無線導入のポイント

M2Mアプリケーションへの無線導入には、既存システムとの親和性、低消費電力、少量多品種対応、無線工事認証取得等、追加開発工数を抑える事は、非常に重要な採用ポイントとなります。

 

当社は、これら課題に応えるために米国の組込み無線半導体ベンダー「ZeroG Wireless 社」と業務提携を行い、日本市場からの要望に応えました。(ZeroG Wireless 社は 2010 年 1 月にマイクロチップテクノロジー社により買収)

 

Wi-Fi を I/O デバイスのような気軽さで既存システムに追加し、迅速にM2Mアプリケーションを実現する為の組込み Wi-Fi モジュールのご提供を行っております。 MRF24WB0MA/MBを組み込んだ当社のWi-Fiモジュールの特徴は以下となります。

 

  1. LOW 設計時間
    本体側の設計変更を最小限に抑える2種類のコネクター内臓
  2. LOW 消費電力
    パワーセーブモードにより、電池 1 本で 1 日 1 回通信、2 年間使用を目標
  3. LOW システム要求
    無線の暗号化、ミドルウェア(TCP含む)、ユニークソフトウェアを内蔵
  4. LOW システムコスト
    3cm x 5cmの小型基板、16bit MPUと最適なメモリー構成

ルートレックがご提供するワイヤレスM2M市場向け製品

ワイヤレスM2Mに必要な各種ミドルウェア、アプリケーションソフトウェア(Serial to Wi-Fi 機能、Easy Set Up機能)を搭載、各国の無線工事認証取得済みのM2M対象機器に迅速に対応可能なWi-Fi モジュールです。

カタログダウンロード

2.4GHz 802.11b 低消費電力 組込み Wi-Fi デバイス「MRF24WB0MA/MB」(338KB; PDFファイル)

製品についてのお問い合わせはこちらから

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2017 Routrek Networks, Inc. All rights reserved.