無線利用のリモート稼働監視ワイヤレスM2M

ワイヤレスM2Mとは?導入事例

L-BirdH-BirdMRF24WB0MA/MB

低消費電力組込み Wi-Fi モジュール 「L-Bird」

L-Birdとは

 

 

低消費電力 組込み Wi-Fi ボード

“L-Bird”

 

ワイヤレス M2M ソリューションを実現するために欠かすことのできない「組込み Wi-Fi 機能」を内蔵。ルートレックの「L-Bird」はコンパクトな低消費電力組込み Wi-Fi モジュール製品です。

 

幅広い市場の実装要望に対応するため、内蔵アンテナ・ケーブルコネクター版の標準品販売から(1 個から対応)、コネクター変更、アンテナ変更(外部アンテナ)を指定できるオプション販売(1,000 個から対応)が可能です。

低消費電力 Wi-Fi デバイスを搭載

低消費電力の 2.4GHz IEEE802.11b 対応組込み Wi-Fi デバイス MRF24WB0MA を搭載。Wi-Fi でありながら電池やバッテリーでも長時間稼働可能な組込みシステムが実現できます。

さらに詳しく...

低消費電力 Wi-Fi デバイスを搭載

シリアルポートをネットに接続

標準ソフトウェアの「Serial to Wi-Fi 機能」を利用すれば、シリアルポート (RS-232) を搭載する機器のデータを簡単に LAN やインターネットに送信可能。イーサネットポートがない機器もサーバやクラウドサービスで集中管理が行えます。

さらに詳しく...

シリアルポートをネットに接続

カスタマイズでさらに便利に

Microchip 社が提供している開発環境やデバッガ、ライブラリを利用して開発可能なため、カスタムアプリケーションの実装が行いやすくなっています。L-Bird を既存のマイコンシステムに搭載して Wi-Fi 対応化する、GPIO ポートにセンサーやボタン等を接続して制御装置を開発する、などソフトウェアのカスタマイズ次第で様々な用途に応用可能です。

さらに詳しく...

カスタマイズでさらに便利に

カタログダウンロード

2.4GHz 802.11b 低消費電力組込み Wi-Fi モジュール「L-Bird」(618KB; PDFファイル)

製品についてのお問い合わせはこちらから

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2017 Routrek Networks, Inc. All rights reserved.