• ホーム
  • 製品情報
  • 製品のご購入
  • ニュース
  • サポート&ダウンロード
  • 会社情報
  • 採用情報
ホーム > 製品情報 > 無線利用のリモート稼動監視「ワイヤレスM2M」
無線利用のリモート稼働監視ワイヤレスM2M

ワイヤレスM2Mとは?M2MプラットホームZeRo

L-BirdH-BirdMRF24WB0MA/MB

組込み Wi-Fiモジュールによるリモート管理 「ワイヤレス M2M」とは?

ワイヤレス M2M(Machine to Machine) とは、「ヒトとモノ」「モノとモノ」をつなげてリモート管理するシステムの事です。M2M により、リモートで機器の「稼動監視」を行い、各機器より「情報収集」を行いネットで情報をセンターに「蓄積」します。集められた情報を分析する事により、「経営戦略見直し」「運用保守体制の適正化」など、意思決定、業務改善に役立ちます。またリモートからの管理のために、無駄な管理コスト削減と CO2 削減にも大きな効果が見込めます。

機器と機器をネットワークでつなぎコスト削減

ルートレックの提供する ワイヤレスM2Mソリューション(概念)

ワイヤレスM2Mを実現する為には、計測の為のセンシング技術、情報伝達の為の無線技術・ネットワーク技術、計測データを集計するデータベース技術とクラウド技術、と幅広い知識とノウハウが必要となり、実現には多大な開発費用、時間、ノウハウが必要でした。

 

これらの課題を解決するため、「計測」「無線」「集計」の各機能を構築しやすいミドルウェア化を行いターンキーソリューションとして提供を行い、お客様の視点に立ち、初期導入コストと導入後の通信費用を抑えたシステムをワンストップでご提供することが必要であると考えます。
 
当社提供予定のM2Mソリューションにより、M2Mサービス事業のスモール・スタートが可能となります。お客様は本業である製品開発・営業活動に専念することが出来、安全で安心な地球に優しいM2Mサービスを行うことが可能となります。

Wi-Fi無線モジュールから情報管理サーバまでソリューションでご提供

1.産業車両市場への応用例

従来手法(中小型車両) データロガーによるマニュアル管理

wi-fi利用のスマート産業車両管理システム

2.自動販売機市場への応用例

従来手法 手作業による在庫管理と補充作業

wi-fi利用のスマートベンディング管理システム

3.検針市場への応用例

導入前:メーターの数に比例して検針員が必要

導入後:ワイヤレスM2Mによりリアルタイムに検針情報を通信

製品についてのお問い合わせはこちらから

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2017 Routrek Networks, Inc. All rights reserved.