RouteMagic 活用事例

コンソールポートでネットワーク機器の稼働監視をしたい

RouteMagic を利用することによって、ルータやスイッチのコンソールポート(シリアルポート)に定期的に自動ログイン/ログアウトを行うことによる稼働監視が可能です。また、この稼働監視機能はスクリプトによるカスタマイズをサポートしていますので、ログイン/ログアウトだけではなく、任意のコマンドを自動発行してより詳細な状態監視を行うことも可能です。


RouteMagic によるコンソールポート監視のメリット

  • RouteMagic CM を適切に配置して接続することにより、IP ネットワークに依存しないアウトオブバンドによる監視が可能となります。
  • 自動ログイン/ログアウトやコマンド発行による監視なので、PING 監視だけでは把握できない異常(※)も検出できます。(※ソフトウェアの暴走による CPU 使用率 100% などの異常状態の場合でも PING には正常に応答することが少なくありません。)
  • RouteMagic CM にモデムを接続することによって、IP ネットワークによる通知手段が完全に失われた場合でも電話回線を経由して異常をメール通知することが可能となります。

ネットワーク機器のコンフィグを定期的に自動収集したい

RouteMagic を利用することによって、ルータやスイッチのコンソールポートから定期的にコンフィグ情報を自動収集することができます。収集したコンフィグ情報は RouteMagic の統合管理サーバである RouteMagic Server (RMS) に蓄積され、管理者はいつでも最新のコンフィグ情報を参照することができます。


RouteMagic によるコンフィグ管理機能のメリット

  • コンフィグ情報をネットワーク機器ごとに最大 10 世代まで保存しておくことが可能です。また、新しく取得したコンフィグ情報に前回取得したコンフィグ情報との差異があった場合のみ保存されます。
  • 新しく取得したコンフィグ情報に前回のものとの差分を検出した場合に、管理者へのメール通知やSNMPトラップの送信を行うことが可能です。
  • コンフィグ情報は「特定の世代」「特定の日時」といった切り口で検索することが可能です。組織内のネットワーク機器のコンフィグ情報をすべて RouteMagic で管理しておけば、「○月×日時点における組織の全体的なネットワーク設定状況を把握する」といったことが可能になります。

コンソールポートに出力されるラストログを残したい

ルータやスイッチ等のネットワーク機器に故障等によるハードウェア的な異常が発生した場合は、IP ネットワークを利用した Syslog によるログ送信が不可能になることがあります。 そのような場合でも、ネットワーク機器は機能を停止する前にコンソールポートにエラーメッセージやメモリダンプなどのエラー情報(ラストログ)を出力していることが多く、ラストログの情報があるかないかで障害の切り分けやハードウェアベンダーによるサポート対応にかかる時間が大幅に違ってきます。

 

RouteMagicはネットワーク機器のコンソールポートから出力されてくるすべての情報を「ログ」として内部ログバッファやデータベースに常時蓄積するので、障害解析において重要なラストログも確実に残しておくことが可能です。


RouteMagic のログバッファ機能のメリット

  • コンソールポートに出力されるデータを常に保存しているため、ネットワーク機器の故障やソフトウェアクラッシュ時に出力されるラストログも確実に記録しておくことが可能です。

遠隔地からネットワーク機器のコンソールポートに接続したい

RouteMagic の最も基本的な機能として、リモートからネットワーク機器のコンソールポートに接続することを可能にするコンソールアクセスサーバ (CAS) 機能があります。ネットワーク管理者は、Telnet や SSH プロトコルで RouteMagic CM にリモートログインして、そこから各ネットワーク機器のコンソールポートに接続して各種設定やメンテナンス作業を行うことが可能です。


RouteMagic によるリモートコンソール接続のメリット

  • Telnet プロトコルはもちろん、SSH2 プロトコルによるセキュアな接続にも対応しており、安全なリモートアクセス環境を提供します。
  • 電話回線を経由して RouteMagic CM に PPP (Point to Point Protocol) によるリモートログインを行い、ネットワーク機器のコンソールポートに接続してメンテナンス作業を行うことが可能です。
  • ユーザ管理機能によって、RouteMagic CM のログインユーザごとにコンソールポートへの接続制限をかけることが可能です。
  • RouteMagic CM を経由して行ったコンソール操作を「操作ログ」として扱うことができ、「いつ」「誰が」「どのネットワーク機器(ポート)に」「どのような操作を行ったか」を RouteMagic Server のデータベースに蓄積しておくことが可能です。また、メールで操作ログを管理者に通知することも可能です。

ネットワーク機器への特定コマンドを監視したい

なりすましによる不正ログイン、管理者のミスによる予期せぬコマンドの投入などの想定外のオペレーションがなされた場合でも、そのことをいち早く検知して対応することができれば被害が甚大になるのを防ぐことができます。

 

RouteMagic のフィルタリング機能を利用することによって、あらかじめ監視したいコマンドをフィルタとして登録しておき、コンソールポート経由で監視対象のコマンドが投入された場合に即座に管理者にメール通知を行うことが可能になります。


RouteMagic のフィルタリング機能のメリット

  • ネットワーク機器に対して特定コマンドが実行されたことをリアルタイムに監視することが可能です。
  • フィルタにマッチした場合、その旨を管理者にメール通知することが可能です。

ネットワーク機器のログを携帯電話に送信したい

画面の小さな携帯電話で PC 環境と同様の情報量を扱うことは、かえって迅速な対応の妨げになることがあります。RouteMagic では、通知先となる端末に合わせて情報量の大きさ・頻度等の細かな設定をすることにより、「必要な情報が必要な時に、必要なだけ」取得することができます。


RouteMagic のメール通知機能のメリット

  • 送信先の端末種類やユーザ権限に応じて、通知する情報の種類や形式を細かく設定することが可能です。

ネットワークが不通になったがまずは復旧を優先したい

ルータやスイッチなどのネットワーク機器の不具合によりネットワーク自体が不通となり、業務への支障が出た際にはまずは復旧を優先させたいものです。しかしながら、ネットワーク機器をリブートをしてしまうと、障害の原因となるログも紛失されてしまう恐れがあり、障害の解決までに思わぬ時間を要する事態になることもあります。

 

RouteMagic には電源管理装置との連携機能が内蔵されています。RouteMagic でネットワーク機器の監視をリアルタイムに行っており、電源管理装置との連携機能によりネットワークダウンと判断した場合に自動的にルータの電源を ON/OFF してリブートして復旧を優先させることが可能です。


RouteMagic による自動リブートのメリット

  • 電源管理装置との連携機能より、障害発生時に自動的にルータやスイッチ等のネットワーク機器をリブートして復旧を試みることが可能です。
  • RouteMagic で自動リブートを行った場合は、障害解析に必要なラストログはしっかり保存されているので、原因究明や分析作業もスムーズに行うことが可能になります。

ネットワーク機器の操作ログの改ざんを防ぎたい

ネットワーク管理組織の統制を目的として、ネットワーク機器の設定や操作の内容(操作ログ)を保存しておくことが重要になってきています。しかし、せっかく操作ログを保存していても、それ自体が改ざんされては意味がありません。

 

RouteMagic では操作ログを保存することはもちろん、ログの閲覧や管理においてもユーザごとに細かく権限管理を行えますので、管理組織の責任範囲を明確にすることが可能です。


RouteMagic による操作ログ記録のメリット

  • ユーザ権限管理機能により、操作ログの閲覧・管理もネットワーク機器のグループごと、ユーザごとに権限設定を行うことが可能です。

いつ、誰が、何を行ったか記録したい

RouteMagic のアクセス管理機能を利用することにって、RouteMagic 管理下にあるネットワーク機器へのアクセス履歴(いつ、誰が、どのネットワーク機器に接続したか)だけでなく、実際の操作の内容(実行したコマンド、表示内容)の記録と管理が可能になります。

 

障害発生時には管理組織総動員で対応にあたることもしばしばありますが、人的ミスは人員と比例して増加します。RouteMagic ではどのような状況下でも自動的に操作ログを取得しておりますので、操作ミスによる問題の発生をいち早く発見でき、復旧作業の迅速化が行えます。

 

アクセス管理の記録対象は、シリアルコンソールで接続された機器の他、Telnet または SSH 接続として登録されたネットワーク機器においても可能です。(同一のネットワーク機器をシリアルコンソール接続と Telnet または SSH 接続の両方に登録することも、片方だけに登録することも可能です)


RouteMagic のアクセス管理機能のメリット

  • シリアルコンソール、Telnet、SSH 接続のアクセス履歴を自動的に保存することが可能です。
  • 情報システム部門、SIer、ベンダー等さまざまな部門や人物が機器操作を行う場合でも、操作履歴の一元管理が可能になります。
  • 常に自動的に操作ログを保存しているため、操作ミスや設定ミスによる問題をいち早く発見することが可能です。
  • RouteMagic Server に障害の対処履歴を記録しておくことによって、ネットワーク機器に何を行い復旧したかを明確に説明することが可能になります。

復旧作業レポートを顧客向けに作成したい

障害復旧の際には、「なぜ障害が起きたのか?」「どのようにして復旧したのか」などの分析レポートが求められます。しかし、実際の障害発生時には、復旧を第一優先に対応作業を行わなければならないため、どのように対処したか(どの機器に何を行ったのか)などの対処方法を記録する余裕がない場合が多くあります。

 

RouteMagic のアクセス管理機能を利用することによって、障害発生時の復旧作業において「どのネットワーク機器に、何を行ったか」を自動的に記録することが可能になり、対処履歴やレポートを作成する際に役立ちます。


RouteMagic のアクセス管理機能のメリット

  • RouteMagic を通してネットワーク機器の設定・操作を行うことによって、「誰が、どのネットワーク機器に、何を行ったのか」を自動的に記録することが可能になり、復旧後の分析やレポート作成に大きく役立ちます。

SE が常時待機をしていないが、障害発生時には初動動作は行いたい

どの組織でもネットワーク管理やシステム管理に十分な SE (システムエンジニア)を配備できている状況はそう多くはありません。しかし、障害発生直後の状態把握はその後の復旧作業に大きく影響をします。

 

RouteMagic のリモートコマンド発行機能を利用することによって、Web 画面からクリック操作だけでネットワーク機器へのコマンド発行が行えるようになります。この機能を活用することにより、専門技術を持たない監視エンジニアでも簡単な操作で複数のネットワーク機器に対して同時に初動操作コマンド(障害発生時の調査を行うために情報収集を行うためのコマンド)を発行することが可能となり、専門技術を有する SE が駆けつけるまでの時間にも障害対処作業を開始できます。


RouteMagic のリモートコマンド発行機能のメリット

  • Web 画面上からクリック操作だけで機器にコマンドを発行し、その結果を確認することが可能です。
  • 複数のネットワーク機器に同一のコマンドを同時に発行することが可能になります。
  • コマンドグループごと・ユーザごとに登録・実行権限を設定することができるので、ユーザのスキルや権限ごとに適切なコマンドだけを実行できるように制限することが可能です。

システム構築時のコンフィグ情報を管理したい

大規模なネットワーク構築にあたっては、導入前にラボにおいてシステム構築を行う場合が多いと思います。複数人のSEがコンフィグ設定、動作確認を行いますが、コンフィグ変更後にネットワークの動作が不安定になる場合も少なくありません。

RouteMagic のコンフィグ管理機能を利用することによって、面倒なコンフィグ取得・保存作業を自動化することが可能となり、また、最大10世代までのコンフィグを各ネットワーク機器ごとに管理することも可能になります。どのネットワーク機器への設定変更が影響したかをすぐに把握することができるようになるため、貴重なSEの時間を無駄にすることがありません。


RouteMagic のコンフィグ管理機能のメリット

  • コンフィグの取得・保存作業を自動化することが可能になります。
  • 最大10世代前までのコンフィグ履歴を残すことが可能になります。
  • 取得したコンフィグを Web 画面上で確認・ダウンロードすることが可能です。
  • コンフィグの世代間の差分をわかりやすく表示することが可能です。
  • イベントトリガー機能と組み合わせることによって、コンフィグが変化した場合に管理者にメール通知することが可能になります。

顧客がコンフィグを変更したが連絡がないので困った

ネットワーク構成が頻繁に変更される場合には、知らない間にネットワーク機器のコンフィグ設定が変更されて記録が残ってない経験はありませんか?

 

RouteMagic では、「誰が、いつ、コンフィグ変更を行ったか」の履歴を 10 世代前までさかのぼって参照することが可能です。また、変更箇所はハイライトされますので、何らかの設定ミスでネットワーク障害が発生した場合でも簡単に元の設定に戻すことができます。


RouteMagic のコンフィグ管理機能のメリット

  • コンフィグの取得・保存作業を自動化することが可能になります。
  • 最大 10 世代前までのコンフィグ履歴を残すことが可能になります。
  • 取得したコンフィグを Web 画面上で確認・ダウンロードすることが可能です。
  • コンフィグの世代間の差分をわかりやすく表示することが可能です。
  • イベントトリガー機能と組み合わせることによって、コンフィグが変化した場合に管理者にメール通知することが可能になります。

コンフィグ変更を行ったらネットワーク障害が発生した

コンフィグ設定変更を行った直後にネットワーク障害が発生した場合には、まず直前に設定した内容を元に戻すことが早道です。しかし、Excel ファイル等で手動による管理を行っているために、思いのほか手間取ってしまった経験は少なくないと思います。

RouteMagic を利用することによって、1 世代前のコンフィグ設定はもちろんのこと、最大 10 世代前までのコンフィグ内容全体と変更点をわかりやすく管理することが可能になります。


RouteMagic のコンフィグ管理機能のメリット

  • コンフィグの取得・保存作業を自動化することが可能になります。
  • 最大 10 世代前までのコンフィグ履歴を残すことが可能になります。
  • 取得したコンフィグを Web 画面上で確認・ダウンロードすることが可能です。
  • コンフィグの世代間の差分をわかりやすく表示することが可能です。
  • イベントトリガー機能と組み合わせることによって、コンフィグが変化した場合に管理者にメール通知することが可能になります。

障害発生直後やネットワーク機器の状態が変化したときに情報収集したい

障害発生時にコンソールポートにログメッセージが出力されることがありますが、その直後に情報収集のためのコマンドを実行しなければ有益な情報が得られない場合があります。

 

RouteMagic のイベントトリガー機能を利用することによって、ネットワーク機器の稼動状態変化や特定の重要度・キーワードにマッチするコンソールログメッセージが発生した場合に、ネットワーク機器に対して自動的にコマンド発行を行うことが可能です。この機能を有効に活用することによって、障害発生直後に調査コマンドを自動発行して障害発生直後の状況を把握することが可能となるため、障害分析の強力なツールになります。


RouteMagic のイベントトリガー機能のメリット

  • ネットワーク機器の稼動状態変化や特定の重要度・キーワードにマッチするコンソールログメッセージが発生した場合に、管理者へのメール通知や機器に対して自動的にコマンド発行を行うことが可能になります。

ルーティンワークを自動化したい

ログの収集や再起動、その他状態確認など、「ネットワーク機器にログインしてコマンドを実行する」作業を自動化することによって、作業ミスの削減や作業時間の短縮など運用に関わる業務改善効果が期待できます。

 

RouteMagic を利用することによって、ルータやスイッチ等のネットワーク機器に対してあらかじめ指定しておいたコマンドを定時自動実行することができ、これまで人が行ってきたルーティンワークを自動化することが可能になります。


RouteMagic を利用することによるメリット

  • 指定したコマンドを定期的に自動実行し、その結果を Web 画面上で任意のタイミングで参照することが可能になります。

ネットワーク機器へのログイン手順を省いて、簡単にコマンドを実行させたい

管理者権限を有するログイン ID でネットワーク機器にログインすることによって、あらゆる設定変更が可能になります。そのため、ネットワーク機器のログイン ID、パスワードは厳格に管理されてなければいけません。しかしながら、日常の管理業務や問題の把握・復旧のために、管理者権限が必要なコマンドを実行しなければならないことがよくあります。

 

RouteMagic を利用することによって、ネットワーク管理者のスキルや権限に応じたログイン ID でコンソールログインできるように権限設定を行うことが可能になります。また、リモートコマンド発行機能によって、Web 画面上からネットワーク機器に対してコマンドを発行してその結果を確認することも可能です。

 

RouteMagic では、リモートコマンド発行機能により、RouteMagic Server の Web 画面上からルータやスイッチ等のネットワーク機器にコマンド実行が簡単に行えます。


RouteMagic のリモートコマンド機能、ユーザ権限管理機能、監査ログ機能のメリット

  • Web 画面上からクリック操作だけでネットワーク機器にコマンドを発行し、その結果を確認することが可能です。
  • 複数のネットワーク機器に同一のコマンドを同時に発行することが可能になります。
  • コマンドグループごと・ユーザごとに登録・実行権限を設定することができるので、ユーザのスキルや権限ごとに適切なコマンドだけを実行できるように制限することが可能です。
  • いつ、誰が、どのネットワーク機器に、どのコマンドを実行したかの監査ログ管理が可能です。

障害の際の通信遮断箇所を特定したい

障害発生時には迅速に通信遮断箇所を特定し、対処を行う事が必要になります。

しかし、従来の PING による監視方式では、上流のルータに障害がある場合にはその配下のネットワーク機器の障害特定が困難な場合が多く、現地派遣等多くの労力が障害特定のために費やされる事も少なくありません。

 

RouteMagic はコンソールポートを利用したアウトオブバンドの監視方式なので、ネットワーク障害が発生した場合にどのネットワーク機器で障害が発生しているかをピンポイントに特定することができ、迅速な対処が可能となります。


RouteMagic のコンソールポート監視のメリット

  • コンソールポートを利用したアウトオブバンド方式での監視であるため、IP ネットワークの障害に影響されることなく障害箇所を機器一台一台をピンポイントに特定することが可能です。

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ

Copyright (C) 2017 Routrek Networks, Inc. All rights reserved.