会社概要

会社名 株式会社ルートレック・ネットワークス
(英語表記:Routrek Networks, Inc.)
住所 〒214-0034
神奈川県川崎市多摩区三田2-3227 地域産学連携研究センター

地図はこちら
連絡先 TEL:044-819-4711
FAX:044-819-4713
代表者 佐々木 伸一
URL 企業サイト http://www.routrek.co.jp/
製品サイト http://www.zero-agri.jp/
事業内容

・ゼロアグリ事業:ICT次世代養液土耕栽培システム「ゼロアグリ」の開発・製造・販売

・RouteMagic事業:

リモート管理ツール「RouteMagic」の開発・製造・販売

リモート管理サーバソフトウェアのOEMライセンス

設立 2005年8月
資本金

3億3,365万8千円(2016年12月現在)

主要取引銀行 三井住友銀行
みずほ銀行
主要株主 佐々木伸一((株)ルートレック・ネットワークス代表取締役社長)
(株)東京大学エッジキャピタル
(株)グロービス・キャピタル・パートナーズ
合同会社テックアクセルベンチャーズ
オイシックス(株)

会社沿革

2016年 7月 次世代養液土耕システム「ゼロアグリ」 ZeRo.agri II 発売開始
2016年 3月 「第1回JEITAベンチャー賞」 受賞
2016年 3月 「Pioneer’s Asia “The 12 Asian Finalists”」 選出
2016年 2月 第1回IoT先進プロジェクト選考会議
「IoT推進Lab Selection」 準グランプリ受賞
2014年12月 第11回「川崎ものづくりブランド」に認定
2013年 8月 次世代養液土耕システム「ゼロアグリ(ZeRo.agri)」出荷開始
2012年 5月 消費電力を1/5に削減したコンソールサーバの最新モデル RouteMagic「RM-CM1250」の 出荷開始
2012年 4月 明治大学黒川農場と、農業分野における産学連携プロジェクトを開始
2011年11月 中小自治体や中小企業向けにWi-Fi利用のM2Mプラットフォーム「Zero」販売開始
2011年 2月 総務省広域連携事業(ICTを利活用した食の安心・安全構築事業)に採択
2009年 1月 米国 ZeroG Wireless 社とアライアンス契約締結
2007年 4月 次世代 「RouteMagic Console Manager」 出荷開始
2006年 4月 米国ラリタンコンピュータ社とのアライアンス発表
2005年 8月 株式会社ルートレック・ネットワークス創業

交通アクセス

小田急線 生田駅より徒歩7分 明治大学 生田キャンパス 地域産学連携研究センター 内
〒214-0034 神奈川県川崎市多摩区三田2-3227 地域産学連携研究センター303
TEL: 044-819-4711 (代表) FAX: 044-819-4713